「セファロ分析による抜歯非抜歯の判定」

今回の症例の治療結果

矯正治療を開始するにあたって,重要なステップのひとつに,顔面写真・口腔内写真・歯型・セファロ・パノラマレントゲンからなる資料の採得とそれらの分析結果から導き出される診断,治療方針の決定があります.

これらのうちで,特に矯正治療に不可欠なのは,セファロ分析.横顔全体のレントゲンを撮影して,同じ人種,同一年齢層のいい噛み合わせ集団と比較検討して,どこがどのようにずれているのか,角度的線的に分析して調べます.

セファロ分析の結果,抜歯非抜歯の診断が可能となります.

今回の症例では,歯の大きさとアゴの大きさに不釣り合いが見られました.通常ですと,治療期間の短縮を図るため,前から数えて4番目の第一小臼歯を上下左右4本抜歯して,歯列全体を歯槽骨基底部に直立させてゆくのですが,この症例の場合左下の第二小臼歯が崩壊状態にありました.また,右下の第二小臼歯にも,左上の第二小臼歯にも,先進国ではわが国だけの現象である銀歯が見られたので,健全な歯を優先して残してゆくため,前から数えて5番目の第一小臼歯を上下左右4本抜歯して矯正治療を開始しました.

抜歯非抜歯の判定を間違えると,口と顔はデカくなり,口元はサルのように突出し,カッパのようなだらしない口元になります.歯は基底の骨を突き破って,全ての歯が沁みてきて,最悪の場合基底の骨を突き破って死んでしまいます.不適切な医療行為に対し頭が割れるように痛くなって,引きこもるなど心の状態にも悪影響を及ぼします.

矯正専門開業医の団体全員がこれまで治療したすべての症例においての抜歯の比率が57.4%であると表明しているにもかかわらず,全症例で非抜歯治療が可能であるとは,デタラメイカサマであることを証明している以外の何物でもありません.大相撲でも入幕の取り組みに何らかの力が働いていると看破したのはアメリカの統計学者でした.

今回の症例の右に見る治療結果.抜歯した空隙=スキマはピタリと閉鎖され,歯列弓長が短くなったことが上段左右の写真の比較からわかります.

 

  1. セファロって何?
  2. セファロの歴史
  3. セファロの目的 A) 形態分析による矯正歯科診断・抜歯基準・矯正治療方針の立案 B) 矯正治療前後の比較による矯正治療効果の判定 C) 成長量・アゴの成長発育方向の判定 D) 矯正治療結果の安定性の判定

矯正歯科=歯列矯正についてもっと知りたい方は : http://dentofaco.jp

矯正歯科=歯列矯正のメール無料相談 : kamakura@dentofaco.jp

セコンドオピニオンもしくは来院相談 : call : 0467-22-6702

矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正
カマクラデントフェイシャルオーソピディクス
鎌倉市小町1-5-21森ビル3F
call : 0467-22-6702
E-mail : kamakura@dentofaco.jp
URL : http://dentofaco.jp
院長:歯科矯正専門医 山本一宏
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定矯正歯科専門医
日本歯科矯正専門医学会(JSO)会員
日本矯正歯科協会(JIO)正会員
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会認定医
American Dental Association,
American Association of Orthodontists &
World Federation of Orthodontists, Member

 

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村