セファロ分析による診断からおこなわれる矯正治療

セファロの黎明

前回お伝えした矯正歯科専門医会・・・は,わが国において価値のある本来の矯正治療の姿をひとりでも多くの国民に知っていただくことを目的として2000年に発足しました.

矯正歯科専門医による非抜歯矯正治療結果
矯正歯科医による非抜歯-どこの歯も抜かずに行った矯正治療結果

同会の調査でGP= 一般歯科医による矯正治療では,10人の受診に対し,ひとりかふたりしか適切な矯正治療が施されていないことがその理由です.もちろん法的に言えば歯科医師でありさえすればだれでも矯正治療をおこなっていいのです・・・が,諸外国では歯科医師免許を取って,卒後教育としてさらに3年から5年の研修を経て,はじめて矯正歯科医= オーソドンティスト(orthodontist)・・・として開業します.そして,8割のひとが矯正歯科医を受診します.残りの2割が一般歯科医を受診します.ところがこの比率がわが国では逆転しているのです.

以前は歯の治療はデンティスト(dentist), 歯の矯正はオーソドンティスト(orthodontist)・・・として棲み分けができていたのですが,ここのところ,中学生の時点でふたりにひとりにムシ歯がないといった口腔衛生習慣の確立とコンビニの2倍ともいわれる同業者の林立から,それまで何の勉強も何の修行もしてこなかった歯科医たちが見よう見まねで高度な専門性の伴う矯正治療に手を染めるようになりました.同じような専門分野であるインプラントでは,講習会に出なければプロが使う材料を販売しないような風潮があるのですが,矯正材料の業界では本来専門家が用いる矯正材料や整形材料を誰にでも売ってしまいます.さらにはインビザラインに代表される誰にでもできるマウスピース矯正の登場で混迷はさらに深まっております.

もちろん一般歯科医の中にはニューヨークまで矯正の勉強に行ってしまうほどの熱血漢もいるのですが,10人に対しひとりかふたりしか適切な矯正治療が施されていない現状では,一度始まってしまえば2年先まで結果がわからない道程です.

“何年経ってもおよそ歯が動いているとは思えない”

“えっ!もうこれで終わり?”

・・・キレイになるって言ったのに・・・

“口がどんどんとんがってきて猿やカッパを思わす顔になってしまったきてしまった”

・・・や

“歯は並んできたものの全部の歯がしみてきてしまった”

“頭が割れるように痛くなってしまった”

・・・などのお口の中だけに留まらず全身的健康被害も!

・・・でもあなたがやめると言ったんだから返金は有りません

騙されたとわかるのは2年も先でそのほとんどが泣き寝入り.ついに消費者庁長官をして,”これ以上返金トラブルが多いならエステ扱いにするわよ!”・・・といったところまで来ています.アメリカではトップ100ジョブ中1位を飾りさらにそのうちでも資格を取る事が大変な矯正治療がです.きちんとした知識を持った賢い医療消費者であってください.

アメリカでのトップ100ジョブ
Smile Share ビジネス版 矯正治療をスタンダードにから

矯正治療に失敗して矯正歯科医に転院してくる患者さんに聞いても,そのほとんど全てが治療前にセファロを撮っていないか,撮ったとしても分析が行われていないかのどちらかです.本物の矯正治療を見分けるコツはどうもセファロにあるようですので,これから読者の皆様と一緒に矯正歯科の森に踏み入ってみませんか?ちょっと専門的ですが,わかりやすく説明させていただきますので,この素晴らしい診療科の片鱗でも知っていただければ幸いです.わからないことがありましたらどうぞお遠慮なくトラックバックしてくださいね!

メニューは以下の通りです.(後日以下の123をクリックいただくことで記事にジャンプできるようになります)

  1. セファロって何?
  2. セファロの歴史
  3. セファロの目的 A) 形態分析による矯正歯科診断・抜歯基準・矯正治療方針の立案 B) 矯正治療前後の比較による矯正治療効果の判定 C) 成長量・アゴの成長発育方向の判定 D) 矯正治療結果の安定性の判定

矯正歯科鎌倉 dentofaco のテクニックと治療費= インディアナ大と同等同質の治療が受けられます

Certificate of MS Indiana Univ

多くの日本における矯正歯科医が
Vari-simplex だの
Bio-progressive だったり
将又
McLoughlin だったりと
アメリカの有名な先生の方法そのままで
治療しているなかで

当院= 矯正歯科鎌倉 dentofaco
・・・では
院長: 山本一宏が創案した
MEMO mechanics= Minimum Essential Mechanics in Orthodontics
・・・で本格的な= corrective
矯正治療がルーティーンに行われております

MEMO法は
真の日本人のために
日本人によって開発された
日本の方法です

・・・とはいうものの
やはり矯正の先進国
アメリカで
バーストンがインディアナ大学で開発した
セグメンテッド・アーチ・テクニックが
その下敷きにされているところは前掲した
リケッツのBio-progressive
・・・と源流を同じにしていると言って過言はないでしょう

インディアナ大学バーストン教授
インディアナ大学バーストン教授

(セグメンテッドアーチテクニックの創案者インディアナ大学バーストン教授)

わたしは
バーストンがコネチカット大に移ってから
インディアナ大学に就任した
ハリソン・フォード並みにかっこいい
その後の教授
ユージーン・ロバーツに
この方法を習いました

インディアナ大学バーストン教授
インディアナ大学ユージーン・ロバーツ教授

(著者が受講したセグメンテッドアーチテクニックコースの主宰インディアナ大学ユージン・ロバーツ教授)

もちろんだから
“この方法でやれ”
・・・とおっしゃるなら
寸分違わず
あなたのお口の中で
この方法
“セグメンテッド・アーチ・テクニック”
・・・を展開させることもできます

・・・ところがこの方法
確かに理詰め

“それまで定性的だった矯正治療を
きちんとした数式で定量化した
・・・”のははっきり言って
バーストンの功績のおおきなひとつですが

インディアナ大学セグメンテッドアーチテクニック元法で使うワイヤーの数々
インディアナ大学セグメンテッドアーチテクニック元法で使うワイヤーの数々

(可撤式矯正装置を用いた顎顔面整形歯科の成書の上に”セグメンテッド・アーチ・テクニック”で用いるセグメンテッドアーチを並べてみました= この日本の地でトム・グレーバーのライフワークだった顎顔面整形歯科とバーストンのバイオメカニクスが合体し真の日本人のためのMEMO矯正法が生まれました)

この方法
上下の歯列を前と左奥
右奥の6っつに分け
それぞれに
小さな針金=セグメントテッド・アーチ
・・・か入り
さらにそれらをユーティリティー・アーチが結び
歯列の内側にはリンガルアーチが
それぞれを補強していて
合計10本もの針金がお口の中に入るんです

これではちょっとバルキー
・・・ということで
チューブ・ブラケットはそのままで
できる限り3本以内のワイヤーで
この素晴らしい方法を表現できないかと
1日100名以上の矯正患者さんが来院した
小田原旧”曽根矯正歯科”での
修行時代著者によって考案されたもの矯正法なのです

インディアナ大学セグメンテッドアーチテクニックから発展した真に日本人のためのMEMOテクニック
インディアナ大学セグメンテッドアーチテクニックから発展した真に日本人のためのMEMOテクニック

その特徴は
1)レヴェリングとヴァーティカルなコントロールを同時に行う

約3ヶ月の矯正治療期間の短縮が約束されるその分治療費も安価となる
当院で開発されたMEMO法ではレヴェリングとヴァーティカルコントロールを同時に行う

=つまり
矯正法にも生け花同様多くの流派があって
ビートルズの歌で有名な
アリゾナ州ツーソンにある
矯正治療における最大流派
ツイード・ファウンデーションはじめ
他の流派
そのほとんどが
二回に分けて行う
レヴェリング=すなわちデコボコした歯をまっすぐに並べてゆく過程

・・・と
ヴァーティカルなコントロール=閉じてしまった
あるいはロックされた(鍵をかけられた)
下アゴを
咬合を挙上させることによって
生理的な正常な位置に解放させる
・・・この二つを同時に行なってゆくのに特徴があります

つまり矯正におけるビッグネームたちが考案した他の方法と比較して
約3ヶ月の治療期間の短縮ができる
・・・ということ

2)2種類のリトラクション・ループを使用

矯正歯科鎌倉 dentfacoで開発された2種類のループ
MEMO法ではゴルファーがウッドとアイアンを持ち帰るようにカマクラジーンループと猫の手の形のポーループの2種類のループを使って EnMasse= 一塊として前歯の後方移動を行ってゆく

インディアナ大学
アーリーアメリカンの
ナンダ教授の製品化もされているマッシュルームループ
我が師予五沢文夫氏のVループ
ツイード派ブルループ
・・・など
他の全ての矯正法で
一種類のループでおこなわれる
リトラクション

MEMO法では
ゴルファーが
ウッドとアイアンを持ち替えるように
最初は
大雑把にたくさん歯をを動かす
カマクラジーンループ
次に
仕上げに向かい歯を
少しづつ動かす
猫の手の形の
ポーループ
・・・この2種類のループを使って
アン・マス= EnMasse= 一塊として
つまり
他のほとんどの方法では
犬歯と切歯を二回に分けて動かしてゆくのに対し
いちどきに前歯の後方移動を行ってゆきます
ここでまた
他の方法と比較して
6ヶ月前後の治療期間の短縮が図れます

でも
治療費は
国立大に準ずる
合理的な設定をさせていただいているため
どなたでも治療を受けることができます

治療費内容は
“はじめのご挨拶・矯正歯科鎌倉 DENTOFACOと院長:山本一宏の紹介”・・・にジャンプ
http://dentofaco.sixcore.jp/dentofaco/
・・・に掲げた通りです

矯正歯科における咬合論

OrthodonticAchievement

矯正歯科医=オーソドンティスト(orthodontist)= わたしたちプロである矯正歯科医は,治療のゴールとする正常な噛み合わせの原則をいくつか持っています.

  1. OJ= オーバージェッット(横から見た上下前歯の切端の距離)= 2mm.
  2. OB= オーバーバイト(前から見た上下前歯の切端の距離)= 2mm.
  3. インターディジテーション(interdigitation)= 歯の山(咬頭=cusp)と歯の谷(窩=fossa)が噛み合っていること.
  4. 犬歯誘導の確率(一名眼歯とも云われる犬歯がアゴの左右側方の運動時にガイドを始めると他の全ての歯は苦手な側方圧を避けるため瞬時に離開する).
  5. 正中の一致= 上下前歯の接する正中線が上下の歯列で一致していること.
  6. ルートパラレリング= パノラマレントゲン上で全ての歯の根が平行に並んでいること.
  7. あらゆる叢生= デコボコや空隙= 隙間が解消されていること.
  8. 辺縁隆線の一致= すべての奥歯が接する高さが一致していること.
  9. 顎運動させた時歯ぎしりなどの雑音の出ないこと.
  10. 病的な歯の動揺のないこと.
  11. 咬頭嵌合位= 歯の山と歯の谷が噛み合っているアゴの位置が生理的アゴの位置に一致していること.
  12. 切歯路角(前歯の舌側のスロープ)が前方窩路角(顎関節の受け皿である側頭骨下顎窩の前方スロープ)と一致していること.
  13. 犬歯路角(犬歯の舌側のスロープ)が側方窩路角(顎関節の受け皿である側頭骨下顎窩の側方スロープ)と一致していること.
  14. 歯が凍みたり痛んだりしない.
  15. 顎関節に運動制限・雑音等がない.
  16. 開閉口路がまっすぐであること.
  17. 肌荒れや肩こり・片方の眼瞼下垂や口角の挙上・頬部頸部の肥胖といった悪い噛み合わせに関連した諸症状が改善されていること.
  18. 患者さん自身が自分の歯並び・噛み合わせに無知覚であること.

・・・などなど

我が国における矯正治療の発展と普及に尽力されるのは大変結構なことであるが,矯正歯科専門医以外のGP= 一般歯科医院での矯正治療でこういった正常な歯並び・噛み合わせが達成されている確率は,専門医会の調査から約20%以下とされている.

矯正歯科鎌倉 dentofacoにおける矯正・顎顔面整形歯科治療結果2)青年期男性

骨格性上顎前突青年症例

画像説明 :

①主訴 : 歯が出ている

②診断名あるいは主な症状 : 骨格性上顎前突

③年齢 : 18歳9ヶ月

④治療に用いた主な装置 : エッジワイズ装置・ヘッドギア

⑤抜歯部位 : 上下顎左右第一小臼歯

⑥治療期間 : 3年9ヶ月

⑦治療費概算(外税) : 初診料 ¥5,000  基本料 ¥720,000  処置料 ¥7,000

⑧リスク副作用 : 所見無し

ヒトの顔の骨の80%が,歯が植わっている骨であり,矯正歯科・顎顔面整形歯科治療で,セファロ分析からの診断・治療方針の立案をして,美の基準通りに上下の前歯をコントロールしてゆけば,自然と顔かたちが美しくなる事を示す2番目の症例です.

2018 10/31 から,3日間パシフィコ横浜で開催される日本矯正歯科学会国際大会で “3 decades of Dentofacial Orthopedics in Japan (日本における顎顔面整形歯科の30年)”として発表を予定しております.ちょっと困った患者さんで,矯正歯科治療が受験に重なり,21回におよぶ当日キャンセル・無断キャンセル,16回におよぶ装置の破損から,当初の予定治療期間を延長し,3年8ヶ月の矯正歯科動的期間(歯に取り外しのきかない透明の装置を貼り付け実際に歯を動かした期間)でフィニッシュしました.顔貌の著しい変化が起きたことがわかります.なお本症例もひとつ前の症例同様,平成29年5月30日に施行された改定個人情報保護法に則って,患者さん本人の了承の上公開しております.

矯正歯科鎌倉 dentofacoにおける矯正・顎顔面整形歯科治療結果1)成人女性

骨格性上顎前突成人女性症例

画像説明 :

①主訴 : 上の前歯の並び

②診断名あるいは主な症状 : 叢生を伴う骨格性上顎前突

③年齢 : 19歳4ヶ月

④治療に用いた主な装置 : エッジワイズ・セラミック装置・ヘッドギア

⑤抜歯部位 : 上下顎左右第一小臼歯

⑥治療期間 : 3年6ヶ月

⑦治療費概算(外税) : 初診料 ¥5,000  診断料 ¥50,000  基本料 ¥720,000  処置料 ¥7,000

⑧リスク副作用 : 所見無し

ヒトの顔の骨格の80%が,上の歯が植わっている上顎骨と,下の歯が植わっている下顎骨で,矯正歯科・顎顔面整形歯科治療で,セファロからの形態分析・診断・治療方針の立案により,美の基準通りに上下の前歯をコントロールしてゆけば,自然と顔かたちが美しくなる事は,法医学における複顔法からも自明の理であることを,昨日までの blog でお伝えしました.

今回お目にかけるのは,2018 10/31 から,3日間パシフィコ横浜で開催される日本矯正歯科学会国際大会に備えて準備中の演題=  “3 decades of Dentofacial Orthopedics in Japan (日本における顎顔面整形歯科の30年)”のうちの一症例= 矯正歯科鎌倉 dentfacoにおける矯正・顎顔面整形歯科治療結果1)成人女性・・・です.3年6ヶ月の矯正動的治療期間(歯に取り外しのきかない透明の装置を貼り付け実際にはを動かした期間)でフィニッシュしました.顔貌の著しい変化が起きたことがわかります.なお本症例では平成29年5月30日に施行された改定個人情報保護法に則って,患者さん本人の了承の上公開しております.