矯正歯科鎌倉 dentofacoにおける矯正・顎顔面整形歯科治療結果1)成人女性

ヒトの顔の骨格の80%が,上の歯が植わっている上顎骨と,下の歯が植わっている下顎骨で,矯正歯科・顎顔面整形歯科治療で,セファロからの形態分析・診断・治療方針の立案により,美の基準通りに上下の前歯をコントロールしてゆけば,自然と顔かたちが美しくなる事は,法医学における複顔法からも自明の理であることを,昨日までの blog でお伝えしました.

今回お目にかけるのは,2018 10/31 から,3日間パシフィコ横浜で開催される日本矯正歯科学会国際大会に備えて準備中の演題=  “3 decades of Dentofacial Orthopedics in Japan (日本における顎顔面整形歯科の30年)”のうちの一症例= 矯正歯科鎌倉 dentfacoにおける矯正・顎顔面整形歯科治療結果1)成人女性・・・です.3年6ヶ月の矯正動的治療期間(歯に取り外しのきかない透明の装置を貼り付け実際にはを動かした期間)でフィニッシュしました.顔貌の著しい変化が起きたことがわかります.なお本症例では平成29年5月30日に施行された改定個人情報保護法に則って,患者さん本人の了承の上公開しております.

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください