もうすぐ夏休み!! この夏矯正治療を予定されている皆様へ ・・・矯正歯科専門医からのお願い.

最近巷で,矯正装置が入った患者さんを見る機会が増えてきました.矯正歯科の看板も目にする機会が増え,日本全国では,その数3万件を越えようとしております.
近くの,歯も削れば,入れ歯も入れる,一般歯科で矯正治療ができれば,便利でいいですし,学校の帰りの友達と連れ立って,楽しく通院もできますので,結構なのですが・・・

矯正治療を,包括的な歯科医療全般の一部として捉え,真剣に取り組むために,成人矯正学会が企画している認定医プログラムを受講し認定された一般歯科医,ニューヨークにまで矯正歯科学の研修にいかれた歯科医も知っているし,医院の中には,月に数回,大学から講師・助教クラスが診療に来るところもあるので一概に言えませんが,専門医会の調査では,一般歯科医院での矯正治療の治癒率は,10人のうち,ひとりかふたり.後の8人以上の人たちが,プロによる何らかの介入が必要とされるとしています.

消費者庁の長官も,返金トラブルのあまりの多さに閉口し,矯正医療全体を,大学におけるものも,専門医によるものも,全てひっくるめて,医療ではなしに,エステ扱いすると,学会に脅しをかけています.アメリカにおいてトップ100ジョブの1位を飾った医療としての矯正歯科をですよ!

また,学校歯科でも,矯正装置が入っている生徒全体を,要注意としてマークするように決め,広島県では疑わしい場合には専門医を受診することに決めました.

入れ歯なら,たとえまずくても,作り直しが効きますが,生きた本物のアゴは,捨ててしまうわけにはいきません.

医院の中には,何ら矯正学のトレーニングも受けておらず,何の認定資格も持っていない,あるいは,月一で専門医が来るだけであるにも関わらず,歯科・矯正歯科などと,矯正歯科の比重を50%にもしている輩もいるようです.

アゴの位置のズレから起こる症状は,心身多岐にわたり,噛めないストレス,歯や歯茎,歯を取り巻く骨の損傷.頭痛や引きこもりの原因になるともいわれます.生涯のうち一回で済む価値ある本当の矯正治療を,少し遠回りしてでも,専門医・大学で受診されることをお勧めします.

これから数回にわたり,矯正治療の専門性の必要性を語ってゆこうと存じます.まず最初のテーマは・・・,
“インビザライン やめたほうがいい10の理由= 1矯正専門医の意見”

矯正歯科=歯列矯正についてもっと知りたい方は : http://dentofaco.jp

矯正歯科=歯列矯正のメール無料相談 : kamakura@dentofaco.jp

セコンドオピニオンもしくは来院相談 : call : 0467-22-6702

矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正
カマクラデントフェイシャルオーソピディクス
鎌倉市小町1-5-21森ビル3F
call : 0467-22-6702
E-mail : kamakura@dentofaco.jp
URL : http://dentofaco.jp
院長:歯科矯正専門医 山本一宏
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定矯正歯科専門医
日本歯科矯正専門医学会(JSO)会員
日本矯正歯科協会(JIO)正会員
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会認定医
American Dental Association,
American Association of Orthodontists &
World Federation of Orthodontists, Member

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください