復顔法 髑髏さえあれば生前の顔が再現できる法医学的手法 矯正でも骨の移動で顔が変わります

復顔法

矯正治療のほんと4)

復顔法
復顔法

 

復顔法という法医学的手法があります

シャレコウベさえあれば
粘土を盛り付けて生前の顔が再現できる方法です

火曜サスペンスで見られたように
犯罪捜査=法医学的目的でしばしば応用されます

われわれ矯正歯科医は
これと同じように
次回 blog 配信を予定している内容である
セファロに包括される”美の基準”
・・・から診断し
治療計画を立案し
機能・安定性・審美性を兼ね備えた
正しい噛み合わせと美しい歯並びを設計してゆきます

矯正治療だけを専門として行うため
われわれ矯正歯科医は
歯科医師免許を取得した後
3700時間に及ぶ矯正歯科学のみの研修を受け
矯正歯科医の称号を手に入れます

昨今大流行の
インビザラインをはじめとした
マウスピース型矯正はじめは昭和大槙教授の音頭のもと
5年間の大学における研修を修了した歯科医師のみに認めたものでしたが
やがて光学的スキャナーでスキャンするだけのその簡単さから
矯正学の研修を受けていない歯科医の手にするところとなり
さらに最近では “Oh my teeth” だの “hanaravi” だの
医療ではない業者の手にすることにまで至りました

学問である歯科矯正学
医療である矯正治療が
白衣を着たビジネスマンの営むビジネスとなって
セファロによる安全性と治療計画を経ることなく
レントゲンによる骨の裏打ちを担保することなく
スキャンのみで行われるようになった現状です

これに対して
日本矯正歯科学会は単にブーイングの発信をするのみの対応であり
厚労省も見て見ぬ振りをしている様子

マウスピースで抜歯矯正を行う歯科医もわずかながら存在しますが
その大多数がセファロによる抜歯非抜歯の診断を経ることもなく
専門家の団体がセファロ分析から
約70%に抜歯の必要性を提唱していることも無視して
歯列を拡大するのみの矯正を行い
その結果大口・大顔を製造している現状です

非抜歯で矯正できればそれに越したことはありません
中にはマウスピース矯正にうってつけの症例もあるにはあります

非抜歯で矯正するということは歯列を拡大するということ
歯列を拡大することは口を大きくすること
顔を大きくすること
当然”美”の基準からは外れます

医者でもないものが
来院不要で
レントゲンも取らずに
宅配で
マウスピースによる矯正治療を行えば
ボーンハウジングと言われる骨の器を破って
歯が死んでしまう危険性すら生じます

また最近矯正歯科を専門に行う小院にまで
“これまで矯正治療を1例もしたことがなくても業者と組めば数十万の増収につながる”
といった内容にDMが来ることがあります

知らない街で
タクシーを渡され
免許もいらないと言われ
営業してもいいと言われても
一体どこに行ったらいいのか誰にわかるのでしょうか?

抜歯矯正まで含めインビザラインで
一定の結果を出している歯科医師もいますが
アメリカでは専門家が専門機器による診断から
正確に何ミリ後方にとか指示するのに

我が国ではセファロ診断もせずに
大多数が ”だいたいこんなふうに” とか
”いいようにやってください” だとか曖昧で
製作側でも困ってしまう事態も生じているようです

入れ歯ならまずくてもまた製作すれば済むのですが
自分のアゴを捨ててしまうう事はできません

心身に及ぶ健康被害が頻発してきた現況
1900年から歴史のテストを受けた
専門家である矯正歯科医による
次回の話題であるセファロのよる治療計画の立案を経た
安心・安全の医療をお勧め申し上げます

その矯正治療
セファロ撮影・分析がありやなしやで
ほんとかウソかわかるはずです!

気を付けないと
数年に及ぶ月日と時間
お金をドブに捨てることになります

https://www.jso.or.jp

https://www.youtube.com/@user-EluaLove8720 

https://blogmura.com/profiles/11154434/?p_cid=11154434

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

 

顔の骨の8割が歯が生えている上顎骨と下顎骨セファロ診断通りにデザインすれば美しくならないはずがない

顔の骨の8割が上の歯が生えている上顎骨と下の歯が生える下顎骨

矯正治療のほんと3)

昨夜一昨夜と二日間にわたって
顎顔面整形歯科を包括した
ワイヤーを用いた矯正治療から達成された
顔の著しい変化を紹介してまいりました

2症例とも学会が定義する ANB 7.0°
(セファロ分析結果=セファロにつきましてはこれまで何遍も語ってまいりましたが
矯正治療のほんとを語る上で最重要課題でありますので後述させていただきます)
・・・超の骨格性上顎前突です

残念ながらインビザラインをはじめとする
マウスピース型矯正装置では対応不可能な症例です

プロである矯正歯科医にしか治療できません

これらの骨格性不正咬合症例を
私たち矯正歯科医はセファロ分析から
コンピュータ分析を行い
治療のデザインをおこなってまいります

両症例とも使用したのは
顎顔面整形歯科的整形装置
目立たない透明な素材の歯に直接接着するブラケットと
ワイヤーからなる矯正装置のみで
いかなる美容整形処置も行なっておりません

改善したのは
歯並びの美しさ
噛み合わせ
口元の美しさ
顔全体のバランス
姿勢
首の太さ
・・・などなどです

顔の8割の骨(上のスキームの緑の上顎骨と薄緑の下顎骨)の形を
美の基準を内包するセファロ分析で
改善してゆくわけですから
顔が美しくならないわけがありません

プロである矯正歯科医による
セファロを駆使した
開始から終了まで一直線の矯正治療で改善する点は
体ばかりでなく
心にまで及びます

矯正歯科専門医認定試験が行われてから早2年
“通過”・・・通知が手元に届いてから1年と7ヶ月
医療消費者からは忘れさられた矯正歯科専門医であり
探すことは困難を極めるとは思いますが
生涯の健康と美容を託すわけですから
近いだの
安価だの
昔から通っているなどの
目先のことに問え合われず探してみる価値はあるようです

https://www.jso.or.jp/

https://www.youtube.com/@user-EluaLove8720

https://blogmura.com/profiles/11154434/?p_cid=11154434

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

 

矯正治療のほんと!1)

骨格性上顎前突成人女性症例

昔から言い伝えられていることです!

“顔を美しくするために矯正治療をするわけではない!”

“でも顔が美しくならないならば矯正治療をする意味がない!”

画像説明 :

①主訴 : 上の前歯の並び

②診断名あるいは主な症状 : 叢生を伴う骨格性上顎前突

③年齢 : 19歳4ヶ月

④治療に用いた主な装置 : エッジワイズ・セラミック装置・ヘッドギア

⑤抜歯部位 : 上下顎左右第一小臼歯

⑥治療期間 : 3年6ヶ月

⑦治療費概算(外税) : 初診料 ¥5,000 診断料 ¥50,000 基本料 ¥720,000 処置料 ¥7,000

⑧リスク副作用 : 所見無し

ヒトの顔の骨格の80%が,
上の歯が植わっている上顎骨と,
下の歯が植わっている下顎骨で,
矯正歯科・顎顔面整形歯科治療で,
セファロからの形態分析・診断・治療方針の立案により,
美の基準通りに上下の前歯をコントロールしてゆけば,自然と顔かたちが美しくなる事は,
法医学における複顔法からも自明の理であることを,過去の blog でお伝えしました.

今回お目にかけるのは,2018 10/31 から,3日間パシフィコ横浜で開催された日本矯正歯科学会国際大会に備えて準備中の演題= “3 decades of Dentofacial Orthopedics in Japan (日本における顎顔面整形歯科の30年)”のうちの一症例= 矯正歯科鎌倉 dentfacoにおける矯正・顎顔面整形歯科治療結果1)成人女性です.

3年6ヶ月の矯正動的治療期間(歯に取り外しのきかない透明の装置を貼り付け実際にはを動かした期間)でフィニッシュしました.顔貌の著しい変化が起きたことがわかります.なお本症例では平成29年5月30日に施行された改定個人情報保護法に則って,患者さん本人の了承の上公開しております.

https://www.youtube.com/@user-EluaLove8720

https://blogmura.com/profiles/11154434/?p_cid=11154434

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

 

最近テレビで芸能人口デカイ人増えてません?

まあ
生まれつきの人もいると思いますが
インビザラインはじめとした
マウスピース型矯正装置の所為かもしれません

マウスピースは
基本非抜歯
非抜歯で矯正するということは
すなわち
歯列を拡大するということ
当然口もでかくなるし
顔も大きくなる

実は
マウスピース矯正で
抜歯症例をこなすドクターはいるにはいます

でも・・・
BowBo 先生も youtube で言っている通り
その数1%にも満たないはず

多くが大口・デカ顔製造装置になっています

それはそれで困るのですが
今回お伝えするレディーは
リンガル=舌側の=裏側の装置で以前に矯正された方

抜歯空隙も空隙も赤い→で示した通り少し残っているものの
ほば閉鎖されており
一応不正咬合を治せる技量がうかがえないこともありません

困るのは全ての歯が噛み合っておらず
上手く咬めないこと
さらに
COーCRの不一致といって
アゴの姿勢位と歯の噛み合う位置が数ミリずれています

セファロ側貌レントゲンからも
頚椎の湾曲がまるで逆で
頚椎に痛みが生ずるはず

そもそも日本矯正歯科学会自体に”矯正歯科における咬合論”
・・・がないのが問題

有名な “6 keys to the normal occlusion”
・・・なる論文が憶い還されますが
もう昔のことです

そろそろ
“歯並び治療の本当のプロ”
・・・がいることが気づかれていいはずです

矯正治療を開始するには
それなりの覚悟が必要です

安い
早い
簡単に治る
目立たない
その他
耳に快く響く
宣伝文句に騙されないで!

youtube.com/@user-EluaLove8720

https://blogmura.com/profiles/11154434/?p_cid=11154434

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

 

日本成人矯正歯科学会からマウスピース型矯正装置による治療に関するポジションステートメント

日本成人矯正歯科学会からマウスピース型矯正装置による治療に関するポジションステートメント

日本成人矯正歯科学会からマウスピース型矯正装置による治療に関する見解及び考え方(ポジションステートメント)が昨日送られてきました.

数年に及ぶ矯正治療.

はじめにきちんとした医師による治療と適正な医療機関を選択しておかないと,後悔するのは数年経ってから・・・お金も時間も戻ってきません.

注意を喚起する長い内容ですので,全文お読み下すっても結構なのですが,以下に要約してお伝えさせていただきます.

まず,1)

  1. 本当の矯正治療ですか?・・・本当の矯正治療とは歯並びを治すだけでなく,正常な噛み合わせや口元ひいては顔全体の美しさを担保するものです.その説明を受けていますか?
  2. 担当ドクターは,業者の認定ドクターでなく,きちんとした矯正の専門の学術団体であるところの学会の認定を受けていますか?
  3. アライナー・インビザラインなどの治療で,「前よりも咬みにくくなった」「かえって歯が出てきたような気がする」「一度は綺麗に並んだがすぐに戻ってしまった」・・・などのクレームが届くことがありますが,それらについて何らかの説明を受けましたか?

・・・などなど.

2)・・・の利点と欠点につきましては,東京オリンピックの頃から度々喚起を促している内容ですので省かせていただきます.

3)矯正治療は,頭部エックス線規格写真を用いての正確な診断からの綿密な治療計画に基づく医療行為です.今,トレーニングも受けていない,心ない歯科医師や業者によって,営利目的の治療が行われ,治療・治療費に関してのトラブルが頻発している.マウスピース矯正の安易な使用は,思わぬ重大な事故につながる危険性が潜んでいます.

業者による営利目的の矯正治療
矯正治療の経験がなくても診断できる?

クロネコヤマトを含む,コンシュマーダイレクトなる,歯科医師がほとんど関与しない心ないサービスが横行しています.これが歯科医療であるか疑問であり,最大の注意が必要です.

専門の矯正歯科医・学会認定医など,研修期間における十分なトレーニングを受けた歯科医師による検査・セファロを駆使しての診断・治療計画に基づく治療が推奨されます.

4)まとめ

マウスピース型矯正装置も従来の矯正治療と目的とするところは変わりません.歯及び顔の写真(病態写真),セファロレントゲン(正・側)歯型の採取に基づく検査・診断・治療計画の立案が必須です,

マウスピース型矯正装置が我が国の薬事を通過していないことの説明.

マウスピース型矯正装置でもし十分な治療効果が得られなかった場合,ワイヤー矯正によるリカバリーが可能か?

以上よく検討され嫌な思いをされないよう注意をお願いする次第です.

このたび矯正歯科鎌倉 dentofacoでは

オンラインによる患者様ご自身による予約が可能となりました

24時間 お一人様何度でも

3ヶ月先のご予約までが可能です

下記URLからどうぞ!

矯正歯科鎌倉 dentofacoオンライン予約

https://coubic.com/dentofaco

WEB予約の前に

矯正歯科診療後に受付で次回のご予約をされて帰られる方もおいでですので
オンラインでのご予約は30分ごとに1名のみとさせていただいております

オンライン上表示の無い時間もご予約内容によっては受付可能な場合があります
ご希望の際はお電話(0467-22-6702)でご相談ください

長時間を要する治療(30分を超える 矯正相談・資料採取とコンピュータ診断・セカンドオピニオン・矯正装置装着・矯正装置撤去など)につきましては、お電話(0467-22-6702)にてお問い合わせください

診療時間 11:00〜13:00/15:00〜18:00

℡:0467−22−6702

ご来院2日前に
“矯正歯科予約忘れないでねメール”が
ご登録のメールアドレスに届きます

カマクラデントフェイシャルオーソピディクス

鎌倉市小町1-5-21, 森ビル3F

call : 0467-22-6702

E-mail : dentofaco@gmail.com

URL : dentofaco.jp

オンライン予約 : https://coubic.com/dentofaco

院長:矯正歯科医 山本一宏

日本矯正歯科学会認定医

日本成人矯正歯科学会認定医

日本矯正歯科協会(JIO)正会員

日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定医

American Dental Association,

American Association of Orthodontists,

World Federation of Orthodontists, Member

 

https://blogmura.com/profiles/11154434/?p_cid=11154434

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

 

来たる10月28日は”世界シャムパーニュデイ!!”

#ChampagneDay

アメブロにリバイバルして既に1週間が経とうとしておりますが、

おかげさまをもちまして、現在すでに、

”歯の健康”第2位、

”歯列矯正”第4位、

”歯科医”第3位の高評価をいただいております.

皆様のおかげであると感謝します.

引き続き、ポチリよろしく御願い申し上げます.

少しづつですが、

矯正治療を求める患者さまのひとたちが、

矯正治療のプロである矯正歯科医の

元に帰りつつあることは喜ばしい限りです.

さて今回は、

来たる28日開催される、

”世界シャンパーニュ”

“ChampagneDay!” に因んで、

医療のマーケットの話をしてゆこうと思います.

一連の睡蓮の絵でお馴染みおの仏蘭西の画家=クロード・モネ.

クロードモネサンラ・サール駅
クロードモネサンラ・サール駅

サンラザール駅を出発する

蒸気機関車の絵も割とたくさんありますので、

即座に思い描かれた読者も多いかと存じます.

あの際に、蒸気機関車に乗せて、

おびただしい南仏の安い葡萄が、

シャンパーニュ地方になだれ込みました.

時悪く、1909年の多雨

翌1910年の冷夏で不作だった.

極北のシャムパーニュ地方で、

命懸けで葡萄を栽培していた農家は暴徒と化し

メゾンに雪崩込み、

50000本のシャンパーニュを叩き割った.

しかしこれは「レ・ゼムト(大暴動)」の序章に過ぎず、

暴動の鎮圧には軍隊が出動し、結果二つの内閣を潰し、

内戦寸前にまで追い込んだ.

ドン・ペリニヨンの功績は星を閉じ込めたことでなく、アッサンブラージュにある

・・・とした過去ブロで既に語りましたとおり、

https://ameblo.jp/dendroboim/entry-11931030004.html

有名なドン・ペリニヨン和尚もなにも発泡酒の父であるわけでなく、

その頃すでに、シルリームースや

彼自身が修行したと言われるリムーなどにすでに

“星を閉じ込めた”液体はあったのです.

https://ameblo.jp/dendroboim/entry-11931030004.html

大切なのは、

テロワール=Terroireは
ワインの味わいに影響を与える
土壌・地形・気候などの
ぶどう畑の置かれている
自然環境を一言であらわす言葉

パーセル=細かく区分けされた土地のことをパーセルといい
ワインに使用する葡萄の畑を
細かく区別する際に用いられます
和訳は区画

リューディ=Lieu-ditは地形
歴史、民間伝承などに由来する
古くからの呼び名がある
特別区画のぶどう畑をあらわす

AOC規定では、

https://ameblo.jp/dendroboim/entry-11949316630.html

葡萄の木に水を撒いては違法です.

葡萄の木が自分の力で根を張って、

地下水まで到達心ばければいけないのです.

・・・・つまり
その土地土地におけるミネラル組成の違いが大切なのです.

医者の団体がここまではしないだろうが、

いまだに

“決まりですから”

とか

“前例が・・・”

などと時代遅れの発言を口にしている官僚の面々は

フランス革命にさかのぼって

民主主義の基本を学び直す目に遭う前に

少し自覚しておくほうがいいだろう.

医療を患者と医師パラメディカルの手に取り戻し、

きちんと線引きをしないことには、

毎年1兆円規模で増え続ける医療費から

国の財政は破綻することだろう.

矯正治療のマーケットは、先ずマウスピース矯正によって一般歯科医に開放され、さらに医療の手から離れて,”hanaravi” や”Oh my teeth”,さらにクロネコヤマトまで,非抜歯=どこの歯を抜歯することなく行われるようになりました.

マーケットの裾野を広げる意味では結構なことですが、専門医会の調査からもわかるとおり、プロの目からすると、10%〜20%しか治っていない現状です.

歯を抜かずに済めばいいですが、学会でもガイドラインに示しているように、非抜歯で治したところで、70%の症例について矯正治療がおこなわれたことにはなりません.

最近芸能人のなかにも、歯並びはいいのですが、口中歯みたいな大口の方が増えてきたと思うのは私だけでしょうか?あれってアライナーの所為?

治っていればいいので、なにも言いませんが、しっかり噛める機能性・いつまでも安定性・美しさの審美性から見て、たくさんのお金がドブに捨てられていることを見るようです.

ラーメンを食べに行こうと思っている人に、エスコフィエについて口を酸っぱくして語ったところで、馬耳東風なように、今この時点では、私一人の声など、歴史的に見て何の効果もないでしょうが、食事と違い、医療はできれば一回で済ませたいものです.

元来、医療とは、患者主役の、医師によって行われる行為です。施術側には、医師による全責任のもと、看護師・歯科衛生士・歯科技工士などパラメディカル・パラデンタルの面々は、医師の治療をサポートして、心を込めた手当を遂行します。

ところで、前にも語りました通り、マウスピースによる矯正、現時点で、薬事も通過していない、学会からも認められていない、医療行為です。なぜかまかり通っている。そして、ついに、医療ではない、ビジネスとして、オピニオンリーダーまで駆り出して、言葉巧みに蔓延しようとしている。

思い出してほしいのは、矯正治療において、基本は、従来(コンベンショナル)からのマルチブラケット法と称ばれる、ワイヤーによる矯正法。1900年のアングル・スクールのスタートから連綿と継続する世界に認められた安心・安全の王道をゆく方法です。著者の認定を受けているWFO, AAO, JBO, 日本矯正歯科学会、・・・と、世界中の学会から認定を受けています。

一定の制限のもと、抜歯症例をも含めた、いい成果を示している歯科医師も中にはいる。

ただし、ここで言える事は、これらの、マウスピースを用いての、矯正治療に成功している歯科医師は、学会認定医などの、従来(コンベンショナル)からの矯正装置でも治せるひとたちです。失敗を避けたければ、医院の選択が重要な決め手となります。

近いから便利、簡単に治る、安くすむ、取り外しだから失敗しても大した被害はない・・・などの軽い気持ちで飛びついても、騙されたと気付くのは2年も経ってから。お金も、費やされた時間も戻ってはきません。

外科矯正まで含めればありとあらゆる症例に対応可能なワイヤーによるコンベンショナルな矯正治療と異なって、マウスピースによる矯正は対応不可能である以下のような禁忌症例があります。ところが、どこの医院のウエブサイトを見ても、すべての症例に対応可能と書かれているようです。マウスピース矯正で絶対してはならない禁忌の症例は以下の通りです。

マウスピース矯正における禁忌症例

  1. 強度の叢生 #歯並びが悪い #乱杭歯 #ガチャ歯 #デコボコの歯 #バイマックス
  2. 骨格性不正 #顎口腔機能診断施設 #アゴ切り手術
  3. 小児矯正 #成長発育 #ディファレンシャルグロース
  4. 20H/day 装着義務 #アンフィット #矯正治療失敗

以下のテーマをもとに、122年の歴史に裏打ちされた、マルチブラケットを用いた包括的な素晴らしいワイヤー矯正について、語ってゆこうと思います。

今行われている医療行為に不信感のある方は,セカンドオピニオンとして受診可能ですので,ご一報お待ち申し上げます.

URL : https://dentofaco.sixcore.jp

On Line Reservation : https://dentofaco.sixcore.jp/onlinereserrvation/

このたび矯正歯科鎌倉 dentofacoでは

オンラインによる患者様ご自身による予約が可能となりました

24時間 お一人様何度でも

3ヶ月先のご予約までが可能です

下記URLからどうぞ!

矯正歯科鎌倉 dentofacoオンライン予約

https://coubic.com/dentofaco

WEB予約の前に

矯正歯科診療後に受付で次回のご予約をされて帰られる方もおいでですので
オンラインでのご予約は30分ごとに1名のみとさせていただいております

オンライン上表示の無い時間もご予約内容によっては受付可能な場合があります
ご希望の際はお電話(0467-22-6702)でご相談ください

長時間を要する治療(30分を超える 矯正相談・資料採取とコンピュータ診断・セカンドオピニオン・矯正装置装着・矯正装置撤去など)につきましては、お電話(0467-22-6702)にてお問い合わせください

診療時間 11:00〜13:00/15:00〜18:00

℡:0467−22−6702

ご来院2日前に
“矯正歯科予約忘れないでねメール”が
ご登録のメールアドレスに届きます

カマクラデントフェイシャルオーソピディクス

鎌倉市小町1-5-21, 森ビル3F

call : 0467-22-6702

E-mail : dentofaco@gmail.com

URL : dentofaco.jp

オンライン予約 : https://coubic.com/dentofaco

院長:矯正歯科医 山本一宏

日本矯正歯科学会認定医

日本成人矯正歯科学会認定医

日本矯正歯科協会(JIO)正会員

日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定医

American Dental Association,

American Association of Orthodontists,

World Federation of Orthodontists, Member

https://blogmura.com/profiles/11154434/?p_cid=11154434

 

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

きりりと凛々しい口元に/抜歯を視野に入れたワイヤーによる矯正治療

きりりと凛々しい口元に/抜歯を視野に入れたワイヤーによる矯正治療

昨今

矯正治療は専門医の手から一般歯科に

さらに医療の手から離れ,”hanaravi” や”Oh my teeth”,さらにクロネコヤマトまで,医師の手による医療としてでなく,通院することなく,自宅で,簡単に行われるようにまでなりました.

しかし,専門家から見て,また,旧専門医会の調査から,学会レベルで治っていると評価できる症例は,わずか10%~20%に止まると言われます.

今回,昨日2年間の矯正動的治療を終えて,装置が外れ,素晴らしい笑顔を手に入れた青年の治療結果である治療前後の口元を示し,注意を促す所存です.

DATA :

画像説明 :

1 : 主訴 : 歯並びが悪い
2 : 診断名あるいは主な症状 : 叢生を伴う両歯槽前突症(アーチレングス・ディスクレパンシー)
3 : 初診時年齢 : 19歳4ヶ月
4 : エッジワイズ装置
5 : 抜歯部位 : 上下左右第一小臼歯
6 : 治療期間 : 2年0ヶ月(矯正動的治療)                                  7 : 治療費概算(外税) : 初診料 \5,000 診断料 \50,000 基本料 \540,000 処置料 \5,000
8 : リスク副作用 : 所見無し

2年ちょうどの矯正動的治療によって,上に掲げた左の写真に見られるように,自然な口腔閉鎖のできるくちもとが達成されました.

初診時,左に見られたような下顔面の突出感=最近若い人たちが言ういわゆる”口ゴボ”・・・の状態は改善され,すっきりとした美しいラインになっています.

元来、医療とは、患者主役の、医師によって行われる行為です。施術側には、医師による全責任のもと、看護師・歯科衛生士・歯科技工士などパラメディカル・パラデンタルの面々は、医師の治療をサポートして、心を込めた手当を遂行します。

ところで、前にも語りました通り、マウスピースによる矯正、現時点で、薬事も通過していない、学会からも認められていない、医療行為です。なぜかまかり通っている。そして、ついに、医療ではない、ビジネスとして、オピニオンリーダーまで駆り出して、言葉巧みに蔓延しようとしている。

思い出してほしいのは、矯正治療において、基本は、従来(コンベンショナル)からのマルチブラケット法と称ばれる、ワイヤーによる矯正法。1900年のアングル・スクールのスタートから連綿と継続する世界に認められた安心・安全の王道をゆく方法です。著者の認定を受けているWFO, AAO, JBO, 日本矯正歯科学会、・・・と、世界中の学会から認定を受けています。

一定の制限のもと、抜歯症例をも含めた、いい成果を示している歯科医師も中にはいる。

ただし、ここで言える事は、これらの、マウスピースを用いての、矯正治療に成功している歯科医師は、学会認定医などの、従来(コンベンショナル)からの矯正装置でも治せるひとたちです。失敗を避けたければ、医院の選択が重要な決め手となります。

近いから便利、簡単に治る、安くすむ、取り外しだから失敗しても大した被害はない・・・などの軽い気持ちで飛びついても、騙されたと気付くのは2年も経ってから。お金も、費やされた時間も戻ってはきません。

外科矯正まで含めればありとあらゆる症例に対応可能なワイヤーによるコンベンショナルな矯正治療と異なって、マウスピースによる矯正は対応不可能である以下のような禁忌症例があります。ところが、どこの医院のウエブサイトを見ても、すべての症例に対応可能と書かれているようです。マウスピース矯正で絶対してはならない禁忌の症例は以下の通りです。

マウスピース矯正における禁忌症例

  1. 強度の叢生 #歯並びが悪い #乱杭歯 #ガチャ歯 #デコボコの歯 #バイマックス
  2. 骨格性不正 #顎口腔機能診断施設 #アゴ切り手術
  3. 小児矯正 #成長発育 #ディファレンシャルグロース
  4. 20H/day 装着義務 #アンフィット #矯正治療失敗

以下のテーマをもとに、122年の歴史に裏打ちされた、マルチブラケットを用いた包括的な素晴らしいワイヤー矯正について、語ってゆこうと思います。

今行われている医療行為に不信感のある方は,セカンドオピニオンとして受診可能ですので,ご一報お待ち申し上げます.

URL : https://dentofaco.sixcore.jp

On Line Reservation : https://dentofaco.sixcore.jp/onlinereserrvation/

 

このたび矯正歯科鎌倉 dentofacoでは

オンラインによる患者様ご自身による予約が可能となりました

24時間 お一人様何度でも

3ヶ月先のご予約までが可能です

下記URLからどうぞ!

矯正歯科鎌倉 dentofacoオンライン予約

https://coubic.com/dentofaco

WEB予約の前に

矯正歯科診療後に受付で次回のご予約をされて帰られる方もおいでですので
オンラインでのご予約は30分ごとに1名のみとさせていただいております

オンライン上表示の無い時間もご予約内容によっては受付可能な場合があります
ご希望の際はお電話(0467-22-6702)でご相談ください

長時間を要する治療(30分を超える 矯正相談・資料採取とコンピュータ診断・セカンドオピニオン・矯正装置装着・矯正装置撤去など)につきましては、お電話(0467-22-6702)にてお問い合わせください

診療時間 11:00〜13:00/15:00〜18:00

℡:0467−22−6702

ご来院2日前に
“矯正歯科予約忘れないでねメール”が
ご登録のメールアドレスに届きます

カマクラデントフェイシャルオーソピディクス

鎌倉市小町1-5-21, 森ビル3F

call : 0467-22-6702

E-mail : dentofaco@gmail.com

URL : dentofaco.jp

オンライン予約 : https://coubic.com/dentofaco

院長:矯正歯科医 山本一宏

日本矯正歯科学会認定医

日本成人矯正歯科学会認定医

日本矯正歯科協会(JIO)正会員

日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定医

American Dental Association,

American Association of Orthodontists,

World Federation of Orthodontists, Member

だれも馬面になる事を望んでいない 治療後のナチュラルな安定性から抜歯を視野に入れた矯正歯科治療を考えていかねばならない”

Prof. Sheldon Peck

2013年10月7~9日松本で開催された第72回矯正歯科学会 当院=矯正歯科 鎌倉 dentfaco院長の山本一宏も全日出席し

“歯の先天性欠損症の歯科矯正学的改善”

・・・について発表させていただきました

特別公演はボストン大学・ハーヴァード大学を経由して現在ノースキャロライナ大で教鞭をとるシェルドン・ペック教授による

“抜歯・保定そして安定性: 矯正歯科の真実を求めて”

ペック教授は個人蔵では最大のレンブラントの蒐集家

驚くべき事実が語られました(因に米国ではヘッドハンティングですので大学を移れば移るほど優秀という事になります)

ペック教授はエドワード・アングル賞を2度も受賞しているにもかかわらず

“アングル先生の妻アンナはアングル先生の治療の失敗からその horsy look (馬面?)・・・に生涯歯について悩まれていた”

・・・という内容

言わば表千家の家元が千利休の失敗をあげつらうような事日本ではちょっと憚るような内容

ペック教授は左から右の向かう時系列で下から上に向かう抜歯頻度を釣り鐘型にお示しになりアングルの0%からトゥイードの80%を経て

抜いてまで治しても訴えられれば元も子もないから?現在ではまた0%に近づきつつある現況についてこう述べられました

“だれも「馬面」になる事を望んではいない治療後のナチュラルな安定性からやはり抜歯を視野に入れた矯正歯科=歯列矯正治療を考えていかねばならない”

 

  1. セファロって何?
  2. セファロの歴史
  3. セファロの目的 A) 形態分析による矯正歯科診断・抜歯基準・矯正治療方針の立案 B) 矯正治療前後の比較による矯正治療効果の判定 C) 成長量・アゴの成長発育方向の判定 D) 矯正治療結果の安定性の判定