「GP= 一般歯科医院でのすべて非抜歯の矯正治療の被害」

このところ,

“近くて便利”

“昔から通っている”

“何々ちゃんも一緒”

“断れなかった”

“キッズルーム完備”

・・・などの副次的理由から,一般歯科で,絶対どこも抜かない矯正治療を開始したものの,

“待てど暮らせど歯が動かない”

“口元が突出して去るかカッパみたいになってきた”

“全部の歯がしみてきた”

“頭が割れるように痛い”

・・・といった健康被害・審美障害が生じ,矯正歯科専門医に転院される方が増えてきております.そのほとんど全てが,

“資料を採取していない”

“セファロによる顎態分析による診断をしていない”

“抜歯・非抜歯の診断の誤り”

“知識・技術・経験の不足”

・・・等から治療に失敗しています.

今回で五夜目となる英語圏で”Gills Swell”・・・と称ばれる”エラの張った”12年程前の症例.崩壊した歯,先進国ではわが国で特徴的な銀歯で修復してある歯があったため,通常前から数えて4番目の第一小臼歯を抜歯するのが通例の矯正治療で,良い歯を優先して残す意味から,前から数えて5番目の第二小臼歯を抜歯して,1年7ヶ月の治療期間で,矯正治療を完結しました.上の写真,矯正治療前では,1~6まで番号を振った歯が存在するのに,矯正治療後では,5の番号を振った歯がないことに気づかれたことと思います.

いかがですか?ムシ歯も治す入れ歯も入れるGP= 一般歯科医院で矯正治療中の方,矯正治療が終了した方.同じくらいの治療期間で,こんな風に治っていますか?もしそうでなかったらお近くの矯正歯科専門医にセコンドオピニオン来院されてはいかがでしょうか?歯も生き物ですので,アゴの大きさを測りもせずに,拡げ放題ひろげて,骨の器を突き破って,血行が絶たれれば,死んでしまいます.

  1. セファロって何?
  2. セファロの歴史
  3. セファロの目的 A) 形態分析による矯正歯科診断・抜歯基準・矯正治療方針の立案 B) 矯正治療前後の比較による矯正治療効果の判定 C) 成長量・アゴの成長発育方向の判定 D) 矯正治療結果の安定性の判定

矯正歯科=歯列矯正についてもっと知りたい方は : http://dentofaco.jp

矯正歯科=歯列矯正のメール無料相談 : kamakura@dentofaco.jp

セコンドオピニオンもしくは来院相談 : call : 0467-22-6702

矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正
カマクラデントフェイシャルオーソピディクス
鎌倉市小町1-5-21森ビル3F
call : 0467-22-6702
E-mail : kamakura@dentofaco.jp
URL : http://dentofaco.jp
院長:歯科矯正専門医 山本一宏
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定矯正歯科専門医
日本歯科矯正専門医学会(JSO)会員
日本矯正歯科協会(JIO)正会員
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会認定医
American Dental Association,
American Association of Orthodontists &
World Federation of Orthodontists, Member

 

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください