“インヴィザラインについての矯正専門医による一考察”

“先生!”インヴィザライン”やってらっしゃいますか?!”

どこの学会だったか?

昔から知っている矯正材料の業者の古株が声をかけてきた.

“コッチはプロだ!そんなもんやるわけないだろ?

1900年から連綿と続くエッジワイズ装置の勝るものはないんだから”

・・・とわたし.

鳩が豆鉄砲食らったように

“・・・そうですよね~~”

確かにどの業界にもずば抜けた奴はいる.・・・でも一般が真似てみたところで,足元にも及ばないだろう.

インヴィザライン・・・も,2010年の我が国導入時には槙昭和大教授が窓口になって,大学で5年以上の修行を条件に受講を募った.

InvisalignCondition
5年以上の矯正歯科臨床の経験があり2年以上大学他の履修が条件とされた

なぜかというと,もしこの方法で失敗しても,コンヴェンショナルな他の方法で治すことができるから.

・・・それが,現在では,歯科医師免許を持っていれば誰でも行うことができる.

AlertJOS
マルチブラケットでの矯正治療と比べ明らかに劣ると日本矯正歯科学会が警告

日本矯正歯科学会広報紙でも,明らかにワイヤーを使った方法と比べ,結果は劣るとされているのに,わが国ではいまだ薬事も通っていないこの方法,お金のパワーには勝てないのか・・・つい先だってもマカオにある金ピカボールルームで世界大会が催された模様.

内科が薬屋の手先でないように,矯正歯科も材料屋のためのものではない.

 

 

  1. セファロって何?
  2. セファロの歴史
  3. セファロの目的 A) 形態分析による矯正歯科診断・抜歯基準・矯正治療方針の立案 B) 矯正治療前後の比較による矯正治療効果の判定 C) 成長量・アゴの成長発育方向の判定 D) 矯正治療結果の安定性の判定

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください